トップ アイコンTop Page

ここでは,私の発表した技術情報のうち,絶版になったもの,入手が困難なものをダウンロード出来るようにしています。

1) 吉田望(1998):液状化に伴う流動のメカニズム,地震時の地盤・土構造物の流動性と永久変形に関するシンポジウム発表論文集,地盤工学会,pp. 53-70

2) 吉田望(1998):これからの動的解析:基礎・応用・問題点と事例,これからの数値解析講習会資料,地盤工学会,pp. 33-64

3) 吉田望(1998):地震応答解析に用いる地盤物性をどう評価するか,建築基礎の設計施工に関する研究資料4、液状化地盤における基礎設計の考え方、日本建築学会構造委員会基礎構造運営委員会編、日本建築学会、pp. 29-45

4) 吉田望(1998):有効応力解析は実現象をシミュレート出来るか,建築基礎の設計施工に関する研究資料4、液状化地盤における基礎設計の考え方、日本建築学会構造委員会基礎構造運営委員会編、日本建築学会、pp. 47-92

5) Yoshida, N. and Iai, S. (1998): Nonlinear site response and its evaluation and prediction, Proc. 2nd International Symposium on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Yokosuka, Japan, Vol. 1, pp. 71-90

6) 吉田望(2000):液状化に関する設計について考える,1995年兵庫県南部地震5周年特別企画 日本 地震 あれから これから,土木学会地震工学委員会,pp. 81-84

7) Yoshida, N. (2001): Dynamic soil properties and modeling, Proc., XV Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquake, Istanbul, Turkey, pp. 233-242


直線上に配置