地盤調査

広域水文調査

土木工事は場合によっては河川水の流れや地下水の流れに影響を及ぼすことがあります。井戸水や耕作地の水源の枯渇といったリスクを回避するための事前調査・解析が重要になります。

当社では、地元住民への聞き取り調査によって井戸や河川水、農業用水の利水状況等を整理するとともに、地形判読並びに地表踏査に基づく最適化箇所での流量調査や水位観測などのモニタリングを立案・実施しています。場合によっては観測井の設置や高密度電気探査、トレーサー調査、酸素濃度の調査により、密な情報の提供を行います。

聞き取り調査から実測・解析・モニタリングまでの総合的な水文調査

得意の地質調査のノウハウを生かした解析手法を提案


事前解析による施行後の地下水状況

水位低下の予測にあたっては、当社の得意分野である地質調査のノウハウを生かした解析モデルを構築するとともに、目的に応じてタンクモデルや三次元浸透流解析など、多様な解析方法の中から最適の手法を選択します。


モニタリングによる管理施工をサポート


施工時のモニタリングは、航海におけるコンパスのように重要です。過去のモニタリング結果や雨量変動、施工工程の進捗状況など総合的に整理して水位変動と施工との関係を整理・検討し、情報を提供いたします。


関連技術


地盤解析 地下水