地盤調査

サンプリング

地質観察や室内土質試験に供する試料採取を目的として行われます。

サンプリング


 地質調査のサンプリングは、土木構造物・建築構造物の設計・施工に必要な地盤情報を得るための地質観察や室内土質試験に供する試料採取を目的として行われます。
 サンプリングは、原地盤の土を乱れの少ない状態で採取することが非常に重要であるため、土質・地質性状やその硬軟、混入物などに応じて適切なサンプラーを選択する必要があります。
 一般的なサンプラーには、「固定式ピストン式シンウォールサンプラー」「ロータリー式二重管サンプラー(デニソン)」「ロータリー式三重管サンプラー(トリプル)」などがあります。
 弊社では、高品質サンプリングとして「GPサンプラー」を開発しており、今まで採取が困難であった砂礫、礫混じり土、破砕性礫を含む地盤の高品質な試料採取を可能としています。


GPサンプリング




 GPサンプリング(水溶性ポリマーの濃厚溶液による乱さない試料の採取方法)は、横浜国立大学大学院の谷教授と共同開発した高品質のサンプリング手法です。この手法は、潤滑剤として高濃度の水溶性ポリマー溶液を用いた乱さない試料の採取方法です。
 この特徴は、従来の泥水の場合と異なり高濃度の水溶性ポリマー溶液を非循環式で用いることにより、土試料の表面をゲル化したポリマーで保護することにより礫も採取することが可能となります。また、高品質のサンプリングで有名な凍結サンプリングで対応できない細粒分混じりの砂質土や礫質土にも対応可能です。


GP-Dサンプラー 資材一式


採取試料


GPサンプラーの種類

 対象土に応じて「GP-R」「GP-D」「GP-Tr」「GP-S」の4種類のサンプラーを用意しています。



関連資料