地盤調査

物理探査

物理探査は、弾性波や電流などさまざまな物理現象を利用し、非破壊で地盤内部を可視化する技術です。地盤調査、水文調査、維持管理分野など多くの分野で実施しています。


高密度弾性波探査



地中を伝搬する弾性波を利用し、地盤内部の速度分布を可視化する探査技術です。地質分布、地盤内部の硬軟区分、岩盤の風化状況などを推定することができます。



高密度電気探査



地盤中に微弱な電流を流し地盤内部の電気の流れにくさ(比抵抗)を可視化する技術です。地質構造や地下水分布状況を推定することができます。



2次元表面波探査



地盤を伝搬する表面波を利用し、地盤浅部のS波速度分布を可視化する探査技術です。S波速度はN値との相関がよく、地盤の硬軟を推定することができます。



微動アレイ探査



地盤内部で常時発生している微弱な振動(微動)を計測し、地盤内部の一次元のS波速度分布を推定する探査技術です。ボーリング調査の代用として利用することができます。


常時微動測定


地盤内部で常時発生している微弱な振動(微動)を計測し、スペクトル解析を施し地盤の卓越周期を推定します。地盤の増幅特性の推定が可能です。



3次元高密度弾性波探査


高密度弾性波探査の三次元版です。より詳細な三次元速度分布を得ることができます。



3次元高密度電気探査


高密度電気探査の三次元版です。より詳細な三次元比抵抗分布を得ることができます。